もなかの気持ち

マイペース更新のブログです。「もなか@心理研究室」から「もなかの気持ち」にタイトル変更しました。

米粉パンを、ホームベーカリーで焼いてみた。

私は今まで毎朝、

小麦の食パンに、

マーガリンをぬって、

チーズをのせたり、

ジャムをぬって

食べていました。

 

ところが、小麦に含まれている

グルテンを抜いた生活がしたくなり、

まだ1ヶ月ほどでしょうか。

米粉パンを食べるために、

ホームベーカリーを購入しました。

 

このホームベーカリーがあれば、

簡単に米粉パンだろうが、

なんだろうが、

パンは簡単に焼けるものだと

思っていたのですが、

いつも安定して焼けるわけではないのです。

ちょっと、甘く見ていました。

 

米粉パンを焼くときの天気、気温、

米粉に入れる、水の温度の影響を受け、

膨らんだり、膨らまなかったり、

ときには、クレーターにように

凹んでしまうこともありました。

 

パンって、生きていますね。

パン屋さんってすごいと思いました。

 

私が焼いたパンは、まだこれは大成功といえるパンが

出来上がったことはありませんが、

 

比較的、成功に近いのが、

これです。

 

ホームベーカリから

取り出す前は

取り出した、米粉パン

 

切ってみたパン

 

下記の写真は膨らみすぎたのですが、

気がついたときに、

勝手に蓋がすこし空いた状態でした。

パンが蓋を押し上げていました。

でも、やわらかくて、とても美味しかったです。

 

ホームベーカリー、それぞれの専用米粉で焼くと、

上手くいきやすいのですが、

それでも、いつも同じように焼けるわけではありません。

それぞれのメーカーで専用米粉が異なるようです。

アマゾンで探せば、各メーカーの米粉が確実に購入できます。

私は米粉はアマゾンと、OKスーパーで購入しました。

 

私が購入した、ホームベーカリーは1万円ほどですが、

6000円ほどで購入できるものもありました。

 

私のホームベーカリーは、

甘酒や、ヨーグルトも作れるようですが、

他のメーカーは、焼き芋まで焼けるものもあるようです。

 

自分で焼いたパンは、どんなに凹んでいても、不格好でも、

焼き上がりは格別に美味しいですね。

 

小麦パンの香ばしさは、

米粉パンにはありませんが、

もちっとした真ん中部分と、

端の耳の部分のカリッとした感じが

味わえます。

 

上記にも書いたように、

今までは、マーガリンをぬっていたのですが、

バターに変えました。

 

いつもぬっていたマーガリンは

トランス脂肪酸低減とありましたが、

やはり、健康によくないようなので、

米粉パンにバターという組み合わせに変えました。

 

小麦って、あらゆるものに含まれていますよね。

小麦ゼロ生活は、さすがに無理なので、

 

朝食べるパンと、

おやつは小麦を使っていないものを選んでいます。

 

晩ごはんは、小麦粉を使わない料理と、

なるべく和食にしています。

 

ところが、ついこの間気がついたのですが、

私は麦茶を煮出して、

いつもペットボトルに常備して、

飲んでいたことに気がつきました。

 

インターネットで調べると、

あまり影響はないようですが、

やはり、麦は麦なので、

少しはグルテンもあるようなのです。

なので、麦茶からほうじ茶へ変えたばかりなので、

グルテンを抜いてからの、体調報告をしたかったのですが、

まだ、もう少し様子をみたいと思います。

 

現時点の体調の変化は、

体重は計っていませんが、

普段、はいているジーンズのお腹がゆるくなったので、

少し、痩せたかもしれないことと、

 

もともと睡眠はとれるほうなのですが、

なお、眠りが深くなったように感じました。

 

その日によって、変動はありますが、

爆睡する日があるように思います。

目覚めたときに、

「あ〜、今日はよく寝た〜」という具合でしょうか。

 

まだグルテンフリーを実行してから、

日が浅いので、

確実な報告ができませんが、

もう少し、続けてから

また報告したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

自分を客観的に見る

「マインドフルネス」を聞いたことがありますか。

「今ここを生きる」ということです。

 

今回は下記の本を参考に書きたいと思います

 

この本でマインドフルネスとは、

簡単に言えば「気づき」です。

 

 

他人の評価や、意見、

感情といったものに

とらわれずに、

自分の本当のらしさを見つめ、

自分の人生をまっとうするのが、

マインドフルネスです。

 

自分を客観的にみて、

いま、ベストな行動は何か、

自分がとるべき行動は何かを

つねに冷静に見ながら

行動できるようになります。

 

自分が何をしているのかに気づくと

感情にふりまわされることなく、

ベストな選択や行動、

自分の本質を見ながら、

生きられるようになります。

 

その一部を紹介したいと思います。

 

考えたくなくても、

悩みたくなくても、

いつまでもクヨクヨ考えてしまって、

空回りすることが

ありませんか?

 

私は最近でこそ、

図太くなったのか、

減ったように思いますが、

20代~30代はよくありました。

 

頭の中で、同じことを何度も考え、

どんどん、ひとりよがりの考えになっていってしまうのです。

自分の主観で、頭がいっぱいになっていました。

客観的に見ていなかったのだと思います。

 

そこで、クヨクヨと悩まないようにするには、

視点を少し変えることが大切です。

 

覚えておいていただきたいのが、

メタ認知」です。

 

メタ認知とは、「自分を客観的に見る」ということです。

一歩引いて、自分を客観的に見ると、

悩みがわかりやすくなります。

 

こういうとき、自分で自分にアドバイスをしてあげればいいのです。

これは「セルフアドバイス」といいます。

これには、大事なポイントが3つあります。

 

① 他人視点であること

自分が失敗したとします。

人はどうしても、自分の失敗は厳しく見がちです。

 

他人の失敗は許せても、

自分の失敗は許せずに、

悩んでしまうことがあります。

一歩引いて自分を客観的にみてください。

 

人は失敗する生き物です。

人間はみんなミスをするものだということがわかると、

ミスをして恥ずかしいという感情が減り、

自分らしい行動ができるようになることが

研究でわかっています。

 

私も今までの人生で、

失敗もたくさんしました。

その時の対処は、

未来を見て、客観的な考えからも

手放す勇気を持ったことでした。

そうするとことによって、

解決したことが、たくさんあります。

 

② 長期的アドバイスであること

先を考えてのアドバイスを自分で自分にすることです。

他人へのアドバイスというのは、

どれも意外と的確です。

しかし、自分のこととなると、

結構、間違えることをしてしまいます。

他人のことはよくわかるのに、

自分のことはよくわからないということです。

たとえ、年齢を重ねていても、よい判断が下せるわけではないことは、

研究からわかっています。

 

③ 最悪の状況を想定していること

「他人の目線で、最悪の状況を想定したアドバイスを自分にする」

つまり、最悪の状況になったときに、

どうやってそこからリカバリーするかまでを考えておくと、

目標達成の確率が上がる、という考えかたです。

 

この3つのポイントを押さえて自分と会話するだけで、

他者からアドバイスをもらうよりも最適なアドバイス

自分に与えることができるようになります。

 

人は意識しないと、

主観で見がちなのです。

自分を客観的にみることが大切です。

いつも他人へ向けてだったら、どう考えるか、感じるか

を考えて自分におきかえてください。

 

このような記事を書いているので、

どんなに私は客観的に見ることができるのだろうと

思うかもしれませんが、

まだまだ、私も修行に身で、

何事かがあった場合は、一息ついて、

冷静になるようにはしています。

自分を客観的に見るって、

結構難しいですよね。

なので、一旦、他人事のように思って

自分にあてがうのがコツかもしれません。

スポンサーリンク

 

家系の不思議

私の父方の家系は、

なぜか、女性から亡くなります。

父のお母さん、父の妹、

父の弟の奥さんは、

全部、夫より、先に亡くなっています。

血族ならば、遺伝的に早逝なのかもしれませんが、

父の弟の奥さんは(70代で逝去)

まったく血のつながりはありません。

 

その上、父はバツイチで、再婚をし、

その奥さんは、認知症で施設に入っています。

存命とはいえ、

父より早くにダウンしてしまいました。

 

父の奥さんも、血はつながっていませんよね。

女性に縁がない家系なのかもしれないです。

 

父の弟の息子2人(私から見ると、いとこ)は独身ですし、

私の弟も望んで独身です。

 

そして、私の父のお母さん(私のおばあちゃん)と、

父の妹は、60代で亡くなっています。

 

私の代の、父方のいとこの女性は、

私と、いとこ(私より年上)の女性の2人です。

 

いとこと、そのことを話したことは、

ありませんが、

ちょっと気になるところです。

 

しかし、昔、両親の離婚前に、私の母がある友人の紹介でみてもらった

霊能者の話では、父の代が最後の代なのだそうです。

 

と、いうことは、

私と、弟やいとこの代は初代で、

もし因縁のようなことがあるのならば、

父の代で終わりという解釈もできます。

 

たしかに、父の家を掃除していると、

昔の家系図や、

昔の古銭、

掛軸などが見つかり、

ずいぶん古いものを持っていることに驚きましたが、

私の代で、売ったり、廃棄したりしました。

 

その上、生家の墓じまいまでするのですから、

続いてきた代も、一区切りなのは間違いありません。

 

父は長男なので、本家なのですが、

長男の私の弟は独身で、

私は嫁ぎ、子どもを持たなかったので、

家系は私たちの代で途絶えます。

 

それは、しかたがないし、

家族も気にしていないのですが、

女性が先に逝ってしまうのが

すこし気になるところです。

 

私は50代なので、

60代で亡くなるとしたら、

う~ん。遠いい話ではないですね。

 

しかし、私の母の家系は、

女性が長生きなのです。

母のお母さん(私のおばあちゃん)は、

90も半ば過ぎまで、長生きでした。

でも、どちらかというと私は父親似なのです。

 

もし、私が、今亡くなっても、

よく考えると、

あまり悔いはないんですよね。

私は、さんざん好きなことをして、

楽しんできたところがあるからです。

それに、あまり深刻には考えていません。(o^―^o)

 

そんなことを考えて、

自転車に乗り、

ふらふら、あちこちに買い物に出かけたら、

庚申塚(こうしんづか)が目に入ってきました。

何度か通った道なのですが、

気が付きませんでした。

 

なんと、いわれを読んでみると、長生きの神様?

はじめは、お地蔵さんかと思いました。
お地蔵さんなのでしょうか?

 

庚申塚の謂れ(いわれ)

平安時代の初めに、人間の豊かで、

長生きをしたい、その気持ちが庚申信仰に成った。

人間の体の中の三し(さんし)の虫が、

庚申の夜寝ている間に天に昇り、

天帝(てんてい)に告げ口をして寿命を奪われない様にする為に

庚申の日に、皆んなで夜通し楽しく過ごして、

三しの虫に昇天の機会を与えない様にする。

この庚申塚は1765年の明和二年十月十八日に建立されました。

 

興味のある方は、江古田庚申塚で検索してみてください。

 

2022年度庚申の日

5月8日

7月6日

9月4日

11月3日

2023年度庚申の日

1月2日

3月3日

 

偶然か必然か。

なんとも上記に書いたことを考えていたところ、

こんなところが目に入ってきました。

100まで生きたらどうしよう(*`艸´)ウシシシ

 

下記写真は、以前書いた神社のお札のパワーの記事の神社です。

何か感じますか?(⌒∇⌒)

 

monaka-shinnrikennkyuushitu.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク