もなか@心理研究室

心理以外にも、色々書いています。しばらく、週1回くらいの更新です。よろしくお願いします。

禁煙の勝負は2~3週間

f:id:monaka_25:20210816165537j:plain

 

私は過去20年以上、喫煙者でした。好んだ銘柄は、キャスターマイルドバージニアスリムなどで、コーヒーとタバコの組み合わせは、私にとって至福の安らぎでした。

 

しかし5年前に、きっぱりタバコはやめました。

きっかけは更年期障害の治療で、ホルモン補充療法を受ける為です。

タバコを吸っていると、血栓症などのリスクがあり、薬をだせないそうです。

しかも喫煙者は顔に出るそうで、顔色は悪く、頬はこけ、皺だらけになった喫煙者女性の写真も見せてもらい愕然としました。

 

先生からの指示は「1週間後にタバコをやめたら、そのときにお薬を出します。」ということ。「うわ~、それは急できついなぁ」と、本音のところ逃げ出したい気分でしたが、閉経前の月経過多で、ひどい貧血であった私は、強い決心の上、禁煙を開始しました。

 

強い喫煙願望に襲われること3日。3日を過ぎると少し楽になってきましたが、まだまだ喫煙したい気持ちはおさまりません。

 

大好きなコーヒーを飲むと、セットでタバコを吸いたくなるので、コーヒーは禁煙のさまたげになると、飲むのをやめようとしましたが、逆に厳しすぎると続かないのではないかと思い、コーヒーは楽しむことにしました。

f:id:monaka_25:20210816165626j:plain

意外なことに強い禁煙の決意があると、コーヒーを飲んでも大丈夫です。

 

コーヒーとタバコがセットであった習慣をなくし、タバコなしでコーヒーを楽しむことを習慣にしてしまえばいいのです。

 

そして、コーヒーは今までと変わらず楽しみながら、禁煙続行。

 

途中で何度もタバコのことで頭がいっぱいになりましたが、なんとか気を紛らわせながら、1週間の禁煙に成功し、2週間でタバコのことを考えなくなり、3週間ではまったくタバコを吸いたいと思わなくなりました。今もう、まったく吸いたくなりません。

 

ロンドン大学のフィリップ・ラリーによると、習慣を身につけることができるかどうかは、早い人で18日、遅い人で254日かかるそうです。

つまり禁煙の習慣化には、2~3週間で習慣化できるということです。

 

この理論は、私のケースにとてもあてはまります。

私の場合は、2~3週間とはいわず、1週間で、喫煙願望が薄れとても楽になりました。

 

ただしこの習慣化には、やったり、やらなかったりするのではなく、続けることが大切です。「今日は1本吸ちゃおうかな~」というのは絶対ダメです。

 

そして、一旦行動が習慣化されたら、もう頑張らなくても勝手に習慣どおりに動いてくれるようになります。

集中的に取り組むのがポイントです。

 

タバコは美容と健康によくありませんし、値上がりしてお財布にも負担がかかると思います。

肌はカサカサ、皺が増え、健康に悪く、慢性閉塞性肺疾患 (COPD) にかかることがあります。

禁煙には、絶対に吸わないという強い決意が必要ですが、健康や美容のリスクを考えたら、吸わない方が、良いことづくめではないでしょうか。

 

参考文献:身近にあふれる「心理学」が3時間でわかる本 

スポンサーリンク