もなか@心理研究室

心理以外にも、色々書いています。しばらく、週1回くらいの更新です。よろしくお願いします。

ネガティブ思考は成功には大切。チャレンジ精神を大切に!

f:id:monaka_25:20220104163513j:plain

物事を成功させるのは、

ポジティブな人だけが成功するわけではありません。

ネガティブな感情も大切です。

 

ポジティブに恐れなく、自信たっぷりに、

なんでもしてしまうと

考えが浅くなり失敗することもあります。

 

成功にはネガティブさも大切です。

それは、危機感、恐れ、臆病さによって気づきがあり、

最悪の場合を想定して

手を打っておくことができるからです。

 

若い頃、私は失敗が多いほうだと思うのですが

内向的なのに経験不足から、恐れを知らない、

妙なポジティブな考えで安直に手をだしては、

こんなはずではなかったことが多くありました。

最悪の状況の対策や、思慮が浅かったのです。

 

そしてメンタルが強い人は柔軟に対応できる人です。

物事を柔軟に対応するには

いろいろな対処法や、対策をまず知ること。

 

メンタルの弱さは、知識や経験を積むことで

カバーできるところがあります。

 

成功者は強いメンタルの持ち主が多いように思いますが、

そんなことはなく、実は繊細で、

慎重でメンタルの弱い人も多いそうです。

 

困難やトラブルにぶち当たったとき、

繊細さを併せ持った人だからこそ

それを乗り越えられることも多いのです。

 

大切なのは、企画段階や、

行動を起こすときには楽観的に考え、

そのあと、ネガティブな最悪の状況を想像し、

対策を考えるのが大切なようです。

優れたリーダーは小心者が多いそうです。

 

自分は成功者になれる器ではないと考えるのではなく、

ネガティブでも小心者でも

計画を練り、チャレンジが大切だと思います。

 

私は若いとき、今より繊細で小心者でしたが、

何事にも今より、準備をしない傾向がありました。

たとえば、待ち合わせの時間にぎりぎりに到着するなど

余裕をみないで、いっぱいいっぱいな感じですごしていたように

思います。

 

しかし今は、待ち合わせにも電車が遅れるかもしれなしれない、

トラブルが起こるかもしれないことを想定し、

早めに家をでるようになりました。

 

早く着いてしまったときは、

どこかのお店などを見て時間を潰すので

ぜんぜん負担になりません。

 

このように事前に最悪のことを考えて

行動しておけば、かりに失敗しても

取り戻せる、時間的、精神的に余裕があるのではないでしょうか。

 

自分は無理と思わずに、チャレンジ精神を大切にしてください!

 

 

 

スポンサーリンク