もなかの気持ち

ほぼ週1更新の、マイペースブログです。

幸せが近くなる考え方

f:id:monaka_25:20220222165406j:plain

幸せが、近くなる考え方を書いてみます。

 

普段、普通のことを深く味わって、

幸せを感じていますか?

 

例えば、私の場合ですが、

「今日は甘い物が食べられて、幸せだな〜^^」 

「家に帰ってこられて、幸せだな〜^^」

「こたつで、温々しあわせだな〜^^」

など、普段、当たり前のささやかなことを

幸せに感じるようにするといいです。

 

普段の何気ない日常を深く味わうことが、

幸せには、大切なことのようです。

特別なことでなくてもいいのです。

幸せを考える癖をつけてしまいましょう。

 

たくさん頑張って、幸せを獲得する方法もありますが、

もっと簡単に、頭の使い方を変えてしまえばいいわけです。

 

競争や、ギャンブルなどは別ですが、

幸せは他人が幸せになったから、自分の幸せが減ることはありません。

その逆、他人が下がったら、自分が幸せになれるわけでもないですよね。

 

ところが、睡眠不足になると、人と比較しがちになり、

幸福度が低下しやすいようです。

他人の幸せを素直に喜べなくなる傾向が出てきてしまいます。

 

若いころ、私の友人のひとりに、男性の前に出ると

超かわいこぶりっこになる人がいたのですが、

あまりの、わざとらしさから、ムカッとしたこともありました。

当時は私も若かったので、そんな振る舞いをする友人に、

気分を悪くしたこともありました。

f:id:monaka_25:20220223090808p:plain

だけど、たとえ、その友人がかわいこぶりっこだとしても、

私が不幸になるわけではないんですよね。

 

今は誰が、どんなに、かわいこぶりっこしていようが、なんだろうが、

まったく気にならなくなりました。

まあ、私の年齢になると、かわいこぶりっこもないんですけどね🤣

 

しかし、たしかに睡眠不足は自分自身すっきりしないので、

物事を素直に、まっすぐ見られない傾向があるように感じます。

人と自分を比較すると、幸せになれません。

 

もう一つは、未来に楽しみを設定することが大切です。

例えば、旅行に行く一週間前などは、少々つらい仕事でも、

乗り越えやすくありませんか?

楽しみが先にあると、ワクワクして、

喜びと、やる気のホルモンのドーパミンが分泌するのです。

 

最近こそ、あまり旅行に行かなくなってしまいましたが、

以前は、旅行前の荷物のパッキングをしているときが、

一番ワクワクしていたように思います。

旅行に行ってからの想像をしながらなので、

きっと楽しいのだと思います。

f:id:monaka_25:20220223090850p:plain

旅行中も楽しいのですが、帰ってくると、また違った余韻に浸れるところも好きです。

旅行をしている時よりも、帰ってくると、また行きたくなります。

あの感覚はいつも不思議に思います。

 

ささやかな幸せを、考え、感じること。

人と比較はしないこと。

先の楽しみを見つけることが

幸せにな気持ちになるために大切なようです。

 

幸せになるための似たような記事を書いていますが、

幸せになるためには、どれも共通点があります。

この記事もひとつの幸せになり方として、

読んでいただけると嬉しいです。

 

スポンサーリンク