もなかの気持ち

マイペース更新のブログです。「もなか@心理研究室」から「もなかの気持ち」にタイトル変更しました。

ぷち相続

暑いですね〜。

昨日は、あまりの灼熱の太陽に、

汗が吹き出し

顔がゆでダコ状態でした。

 

相変わらず、父の家へ行き、

物の整理をしているのですが、

今度は、大昔の紙の株券が見つかりました。

 

名義は私の父方の祖母で、

中部電力の株です。

祖母は、30年以上前に亡くなっています。

父は売却せずに、

ずっと持っていたようなのです。

 

そこで、私が証券会社に問い合わせたところ、

紙の証券は、現在は扱っていないそうで、

某信託銀行を紹介していただきました。

 

その信託銀行に問い合わせたところ、

祖母の所有している株券の金額は、

おおよそ、150,000円ほどになるそうで、

売却手続きのために、

書類を送っていただきました。

 

その書類に目を通したところ、

とても面倒な手続きが必要で、

祖母の出生から、死亡までの戸籍謄本が必要だったり、

祖母の孫である私の戸籍謄本と、

父と祖母の親子関係であることがわかるものや、

実印、印鑑証明、

全部の相続人(兄弟など)の印鑑証明や署名などなど、

いろいろなものが必要になります。

 

父が元気なうちに、

お金に替えてあげたいので、

雑多な手続きなので、

父の代わりに、私が代理で手続きをすることになりました。

 

ここで思ったのですが、

株券を遺産として、

残してしまうと、

手続きがとても面倒で大変なこと。

 

できれば、生きているうちに、株券は売却するのが、

よいのではないかと思いました。

 

ほんの少しですが、私もつみたてNISAや、

株を持っているので、

適当な時期に売却したいですね。

 

現代の今でこそ、

物をもたない、

ミニマリストなるものが、

有名ですが、

父の世代は、

物に価値を置くようなところがあったようで、

観賞用のグラスや、絵画、

掛け軸などが部屋の中で見つかって、

あちこち手配して、売却しています。

 

年をとると、

片付けたくても、

体力的にも、

キツイようで、

私が父を見て思ったのが、

50代くらいから、物の整理ははじめたほうがよいと思いました。

 

とくに、不動産や、株、保険関係は面倒な手続きが多いので、

子孫に残すときは、

手続きしやすいように、

残してあげるのが、

大切なポイントだと思います。

 

多くの場合、戸籍謄本が必要になることが多く、

自分が移動した、本籍を全部、

忘れないように、記録しておくことが、

とても大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク