もなかの気持ち

ほぼ週1更新の、マイペースブログです。

ものごとを直観で決める

f:id:monaka_25:20211105152642j:plain

 

 

物事を決める時、決断は早いですか。私は早いほうです。まず迷うときはその時に決めない方がいいことが多いと思います。とくに服を決める時は、かなり直観的です。もちろん値段を確認してからの購入ですが、ピンときたものは失敗することが少ないです。

 

逆に、「どうしようかな。」「買おうかな。」「買うのやめようかな。」などとじっくり考えて購入した物のほうが後で「なんでこれを買ったんだろう」ということになることがあります。

 

私は独身の時に一人暮らしをしていたのですが、部屋を決める時は、かなり直観的に決めました。

 

一度、とても気分がネガティブになっているときに、どうしても引っ越したくて、物件を見に行ったことがありました。その物件は「少し暗い感じがするけど、値段も手ごろだし、マンションでベランダも広いし、ここにしようかな。」と迷いながらも早くきめたかったので「暗い感じ」は妥協してその物件にきめようとしました。

 

不動産の担当者と店に戻り、契約段階で、思い出したように「あ、そうだ,、ここは人が亡くなったんだ。」と後になって、担当者から聞かされたのです。担当者が忘れるはずがないですよね。かくして貸してしまおうとしたのが、伝わってきました。

 

でもそれを伝えなければ、バレたとき不動産屋さんが違反したことになるので、しかたがなく伝えたという感じでした。それなのに格安でもない、少し相場より安いくらいの普通の家賃だったのです。

 

その不動産屋さんに不信感を持ちました。私も「ちょっと暗い感じがするなぁ」と感じていたのに、自分の中で取り消してしまったことを反省しました。

 

当然、その物件の契約はやめて、その不動産で物件を探すのもやめました。何か変だなと思ったら、やめるのがいいと思います。自分の感覚を信じるのが大切ですね。違和感があるときは、理屈でもみ消すことなく、感じたことを心に止めるのがいいと思います。

 

そして、ネガティブな気持ちで物事を決めない方がいいこと。正しい判断が鈍ります。

このように書くと、ちょっとした霊感や、スピリチュアルな世界のように聞こえるかもしれませんが、直観は根拠がなさそうに見えて、実はいろいろな経験や知識で無意識に判断していて、正解であることが多いです。

 

そして科学では解明されていませんが、もしかしたら人は皆、霊感やスピリチュアルな感覚を持っているのかもしれません。私はそのようなことも、あるかもしれないと思っています。

 

心理学でも、人は意識と無意識があり、無意識は自分で自覚していない部分なので、気がついていません。直観は無意識の世界なので意識には上りませんが、きちんとその中に知識や経験が詰まっています。

 

「ちょっと待てよ」、「なにか違和感を感じる」、「スムースにいかない」などの感覚を大切にしてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク