もなかの気持ち

マイペースブログです。

昔の恋人には会わない方がいいかも。

f:id:monaka_25:20211112205852j:plain

今日はもなか心理です。


結婚前、学生の頃から少し長めに付き合った恋人がいました。私にとって大きな恋でした。最初はスムースに行っていましたが、次第に彼が浮気をするようになりました。

 

好きだったので浮気を知りながら我慢していたのですが、私もとうとう限界がやってきて別れることに。嫌いになったわけではなかったので、悲しくて悲しくてなかなか立ち直れませんでした。

 

そんな私にも、新しい彼氏ができました。電気が走るような激しい恋ではありませんでしたが、楽しい毎日をすごしていました。

 

ある日元彼から電話がかかってきて、話があるとのこと。私は少しだけ会うことにしました。

 

彼から「もう一度やり直してほしい」と。

 

うれしい気持ちもありましたが「私には付き合っている人がいるから」と断りました。

そうは言ったものの、私の中でもやもやするものが残りました。

その元彼とは、共通の友人がいるので、ときどき顔を合わせることがありました。

 

そのうち、私は今彼と上手く行かなくなり別れることに。今度は私が元彼を気にしはじめました。

しかし、元彼に彼女が出来たのです。タイミングがあわないですね。

 

共通の友人と遊びに行くときに、元彼と会うことがあり友人として接していました。

そのうち元彼が結婚を考えはじめたようでした。もちろん今の彼女とですが、迷っているようでした。

 

すると、ある日突然「お嫁においで」と私にいうのです。冗談だと思った私は、笑い飛ばしましたが、どうやら本気で言っているようなのです。私は戸惑いました。だって彼女がいるのですから。

 

しかし彼の真剣さに私も真剣に考えましたが、過去に浮気された思いや、私の妙な意地とプライド、そして彼の浮気癖がネックになりました。

 

結局彼は、今の彼女と結婚することを決断したようでした。元彼25歳、私は24歳でした。私としてもまだ結婚したい年齢ではありませんでした。

 

その時に元彼と「2011年11月11日の11:00に五反田の駅の改札口で再会したい。」とお願いされました。私は笑っていましたが、きっと行くだろうと自分で思っていました。

 

私も元彼を嫌いになったわけではなかったので、少し気持ちが残っていたのだと思います。しかし結婚後も浮気されることが予想でき、彼といると本当の自分を抑えてしまうところがあったのです。

 

その後、共通の友人もバラバラになり、元彼とも会うことがなくなりました。

そのころ私は一人暮らしをはじめたころで、寂しかった記憶があります。

 

数年後、30歳の時に私の友人の結婚式の関係で再会します。元彼は子どもを2人もうけていましたが、奥さんとは上手くいかないようでした。やはり結婚前に迷うのは良くないのかもしれません。

 

久しぶりに話していると、彼は私に「君と結婚したかった。」というのです。そのとき私はまだ独身で彼もいなかったので、心がぐらっとしましたが、毅然と振る舞いました。このパターンは不倫になると思ったからです。

 

その後、私は32歳のときに今の夫と結婚します。電気が走るような恋愛ではありませんでしたが、誠実でおっとりした、癒やされる雰囲気をもつ夫に安心感が持てました。

 

しかし、2011年の元彼の再会の約束は忘れていません。

 

そして月日がたち元彼との再会の日が訪れます。

2011年5月のことでした。約束は11月でしたが、夫と大喧嘩をした私は、自分から元彼に連絡したのです。久しぶりの再会に胸がドキドキしました。心なし手も震えます。

 

時間通りにやってきた彼は、見た目若々しく昔と変わらない姿でした。

しばらく散歩して、銀座のカフェに入りました。

 

彼は事業をしていて、仕事も軌道にのり充実している様子でした。お腹も出ていなくてスリムな体型でした。体型を保つために努力しているのとのこと。いつまでも女性にもてたいそうです(笑)

 

しかし、奥さんとは上手くいっておらず、別居していたこともあると言っていました。

この時も思いましたが、やはり結婚前に迷うときは上手く行かないことがあるのかもしれません。

 

ここまでは、話しもはずんだのですが、昔ばなしになったとたん、私は何か違和感を感じたのです。本当に突然でした。言葉が出てこなくなりました。

 

とくに何っていう話はしていないのですが、彼がずっと考えていたことにがっかりしたのです。この時、やっと気づいたのです。昔の私なら見落としていたところです。

 

あの時結婚しなくて本当によかったと。むしろ私の苦手なタイプだったとまで気づいてしまったのです。

 

私は稲妻に打たれたようでした。なんの前触れもなく突然気がついたのです。

その後、彼とは話しが弾まず、気まずい雰囲気になってしまいました。

 

まるでなにか憑き物がとれたようでした。きっと彼も同じ違和感を感じたと思います。

夫と結婚してよかったと改めて思いました。時間がたち経験をつんで大人になることは色々な真実が見えてきます。若いときには分からなかった答えが見つかっていきます。

 

いい思い出を大切にし、昔の恋人には会わないほうがいいかもしれません。

そして私も元彼とは二度と会うことはないでしょう。

 

予想通り、元彼からも連絡はありませんが、どこかにメモしてあるかもしれませんが、私も元彼の電話番号は携帯に入れていません。

 

本当の意味で終わったのだと思います。やはり縁がなかったと思いました。

タイミングが会わないのは、必然で起きていると感じます。

 

 

スポンサーリンク