もなかの気持ち

マイペース更新のブログです。「もなか@心理研究室」から「もなかの気持ち」にタイトル変更しました。

自分を客観的に見る

「マインドフルネス」を聞いたことがありますか。

「今ここを生きる」ということです。

 

今回は下記の本を参考に書きたいと思います

 

この本でマインドフルネスとは、

簡単に言えば「気づき」です。

 

 

他人の評価や、意見、

感情といったものに

とらわれずに、

自分の本当のらしさを見つめ、

自分の人生をまっとうするのが、

マインドフルネスです。

 

自分を客観的にみて、

いま、ベストな行動は何か、

自分がとるべき行動は何かを

つねに冷静に見ながら

行動できるようになります。

 

自分が何をしているのかに気づくと

感情にふりまわされることなく、

ベストな選択や行動、

自分の本質を見ながら、

生きられるようになります。

 

その一部を紹介したいと思います。

 

考えたくなくても、

悩みたくなくても、

いつまでもクヨクヨ考えてしまって、

空回りすることが

ありませんか?

 

私は最近でこそ、

図太くなったのか、

減ったように思いますが、

20代~30代はよくありました。

 

頭の中で、同じことを何度も考え、

どんどん、ひとりよがりの考えになっていってしまうのです。

自分の主観で、頭がいっぱいになっていました。

客観的に見ていなかったのだと思います。

 

そこで、クヨクヨと悩まないようにするには、

視点を少し変えることが大切です。

 

覚えておいていただきたいのが、

メタ認知」です。

 

メタ認知とは、「自分を客観的に見る」ということです。

一歩引いて、自分を客観的に見ると、

悩みがわかりやすくなります。

 

こういうとき、自分で自分にアドバイスをしてあげればいいのです。

これは「セルフアドバイス」といいます。

これには、大事なポイントが3つあります。

 

① 他人視点であること

自分が失敗したとします。

人はどうしても、自分の失敗は厳しく見がちです。

 

他人の失敗は許せても、

自分の失敗は許せずに、

悩んでしまうことがあります。

一歩引いて自分を客観的にみてください。

 

人は失敗する生き物です。

人間はみんなミスをするものだということがわかると、

ミスをして恥ずかしいという感情が減り、

自分らしい行動ができるようになることが

研究でわかっています。

 

私も今までの人生で、

失敗もたくさんしました。

その時の対処は、

未来を見て、客観的な考えからも

手放す勇気を持ったことでした。

そうするとことによって、

解決したことが、たくさんあります。

 

② 長期的アドバイスであること

先を考えてのアドバイスを自分で自分にすることです。

他人へのアドバイスというのは、

どれも意外と的確です。

しかし、自分のこととなると、

結構、間違えることをしてしまいます。

他人のことはよくわかるのに、

自分のことはよくわからないということです。

たとえ、年齢を重ねていても、よい判断が下せるわけではないことは、

研究からわかっています。

 

③ 最悪の状況を想定していること

「他人の目線で、最悪の状況を想定したアドバイスを自分にする」

つまり、最悪の状況になったときに、

どうやってそこからリカバリーするかまでを考えておくと、

目標達成の確率が上がる、という考えかたです。

 

この3つのポイントを押さえて自分と会話するだけで、

他者からアドバイスをもらうよりも最適なアドバイス

自分に与えることができるようになります。

 

人は意識しないと、

主観で見がちなのです。

自分を客観的にみることが大切です。

いつも他人へ向けてだったら、どう考えるか、感じるか

を考えて自分におきかえてください。

 

このような記事を書いているので、

どんなに私は客観的に見ることができるのだろうと

思うかもしれませんが、

まだまだ、私も修行に身で、

何事かがあった場合は、一息ついて、

冷静になるようにはしています。

自分を客観的に見るって、

結構難しいですよね。

なので、一旦、他人事のように思って

自分にあてがうのがコツかもしれません。

スポンサーリンク