もなかの気持ち

マイペース更新のブログです。「もなか@心理研究室」から「もなかの気持ち」にタイトル変更しました。

米粉パンを、ホームベーカリーで焼いてみた。

私は今まで毎朝、

小麦の食パンに、

マーガリンをぬって、

チーズをのせたり、

ジャムをぬって

食べていました。

 

ところが、小麦に含まれている

グルテンを抜いた生活がしたくなり、

まだ1ヶ月ほどでしょうか。

米粉パンを食べるために、

ホームベーカリーを購入しました。

 

このホームベーカリーがあれば、

簡単に米粉パンだろうが、

なんだろうが、

パンは簡単に焼けるものだと

思っていたのですが、

いつも安定して焼けるわけではないのです。

ちょっと、甘く見ていました。

 

米粉パンを焼くときの天気、気温、

米粉に入れる、水の温度の影響を受け、

膨らんだり、膨らまなかったり、

ときには、クレーターにように

凹んでしまうこともありました。

 

パンって、生きていますね。

パン屋さんってすごいと思いました。

 

私が焼いたパンは、まだこれは大成功といえるパンが

出来上がったことはありませんが、

 

比較的、成功に近いのが、

これです。

 

ホームベーカリから

取り出す前は

取り出した、米粉パン

 

切ってみたパン

 

下記の写真は膨らみすぎたのですが、

気がついたときに、

勝手に蓋がすこし空いた状態でした。

パンが蓋を押し上げていました。

でも、やわらかくて、とても美味しかったです。

 

ホームベーカリー、それぞれの専用米粉で焼くと、

上手くいきやすいのですが、

それでも、いつも同じように焼けるわけではありません。

それぞれのメーカーで専用米粉が異なるようです。

アマゾンで探せば、各メーカーの米粉が確実に購入できます。

私は米粉はアマゾンと、OKスーパーで購入しました。

 

私が購入した、ホームベーカリーは1万円ほどですが、

6000円ほどで購入できるものもありました。

 

私のホームベーカリーは、

甘酒や、ヨーグルトも作れるようですが、

他のメーカーは、焼き芋まで焼けるものもあるようです。

 

自分で焼いたパンは、どんなに凹んでいても、不格好でも、

焼き上がりは格別に美味しいですね。

 

小麦パンの香ばしさは、

米粉パンにはありませんが、

もちっとした真ん中部分と、

端の耳の部分のカリッとした感じが

味わえます。

 

上記にも書いたように、

今までは、マーガリンをぬっていたのですが、

バターに変えました。

 

いつもぬっていたマーガリンは

トランス脂肪酸低減とありましたが、

やはり、健康によくないようなので、

米粉パンにバターという組み合わせに変えました。

 

小麦って、あらゆるものに含まれていますよね。

小麦ゼロ生活は、さすがに無理なので、

 

朝食べるパンと、

おやつは小麦を使っていないものを選んでいます。

 

晩ごはんは、小麦粉を使わない料理と、

なるべく和食にしています。

 

ところが、ついこの間気がついたのですが、

私は麦茶を煮出して、

いつもペットボトルに常備して、

飲んでいたことに気がつきました。

 

インターネットで調べると、

あまり影響はないようですが、

やはり、麦は麦なので、

少しはグルテンもあるようなのです。

なので、麦茶からほうじ茶へ変えたばかりなので、

グルテンを抜いてからの、体調報告をしたかったのですが、

まだ、もう少し様子をみたいと思います。

 

現時点の体調の変化は、

体重は計っていませんが、

普段、はいているジーンズのお腹がゆるくなったので、

少し、痩せたかもしれないことと、

 

もともと睡眠はとれるほうなのですが、

なお、眠りが深くなったように感じました。

 

その日によって、変動はありますが、

爆睡する日があるように思います。

目覚めたときに、

「あ〜、今日はよく寝た〜」という具合でしょうか。

 

まだグルテンフリーを実行してから、

日が浅いので、

確実な報告ができませんが、

もう少し、続けてから

また報告したいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク