もなかの気持ち

マイペースブログです。

楽に生き、楽しいことを見つける大切さ

f:id:monaka_25:20220131124157j:plain

私は適当、いい加減なところもありますが、

基本的にとても不器用で、

変なところが、くそ真面目です。

 

そんな私は、限度がわからず、ときどき自分を追い込んで、

やりすぎてしまうことがあります。

 

それで体調を崩すことがあるので、

自分でも、おバカさんだと思うことがあります。

 

精神科医のTomyさんは、

「頑張るのが悪いのではなく、力を抜いても、人生は、放っておいても、大変な時期が勝手にやってくることがあるので、わざわざ自分を追い込まなくてもいいのです。」と言っています。

 

そして、自分の環境を最適化させることが大切です。

ひとつずつ試して、取捨選択したり、変えたりしていくこと。

 

出来ないと思うことは、自分を追い込んでまでやるのではなく、

人に頼んだり、断ったり、やらなくてもいいのです。

 

私は、もともとは、人と接するサービス業でしたが、

転職をし、一番長く勤めたのが、

オフィスワークの会社員でした。

 

任された仕事を山のように抱え、

取捨選択して、まわりの人にふるのが下手でした。

 

会社での事務仕事は苦手なので、

事務仕事が多い日は、自分がいっぱいいっぱい。

仕事を抱えて、自分を追い込んで、ストレスで疲弊していました。

 

幸せに楽に生きるためには、

なんでもかんでも引き受けていては、

自分が溺れてしまいます。

 

頑張らなくてもよいということではなく、

歯を食いしばって、苦しい思いをする道を、

わざわざ選ばなくてもいいのです。

 

普段は、自分の手に収まるくらいが、ちょうどいいのかもしれません。

頑張らないといけないときは、いやでもやってくるものです。

私の経験からも、そう思います。

 

そして、毎日を楽しむには、楽しいことを自分から探し、チャレンジを恐れない。

フットワーク軽く、自分の快適領域から1歩踏み出してみることが、

大切だと思います。

 

いつもと違うルートで、家に帰ったり、新しいお店に入ってみたり、

ささやかなことでもいいのです。

ちょっとしたことで、毎日のすごし方が楽になり、

楽しいことが発見できると思います。

 

人生、ふだんは適当に、上手に取捨選択するのが、楽に、楽しく、健康に大切なようです。

 

参考:精神科医Tomy先生

参考:精神科医 樺沢紫苑先生

       

スポンサーリンク