もなか@心理研究室

心理以外にも、色々書いています。しばらく、週1回くらいの更新です。よろしくお願いします。

人から大切にされるには。

f:id:monaka_25:20211222120059j:plain

つい、人の面倒を見すぎてしまうことはありませんか?

私はつい、100%面倒みてしまうことがあります。

 

それで疲れてしまって体調を崩すことも。。。

これは、自己犠牲といいます。

 

私は面倒を見ることが、自己満足になっていることもありました。

 

このような場合、最初は人から感謝されるのですが、

だんだんと、それが当たり前になってしまいます。

 

すると、どんどん相手からの要求が大きくなり、

自分が、うんざりしてしまうことになってしまいます。

 

ここで大切なのが、100%でするのではなく、

自分がどこまでなら余裕を持ってできるのか

明確にしておくとよいと思います。

 

なんでも100%、120%で面倒を見てしまう人は

最初こそ感謝されますが、

そのうち、甘く見られ、大切にされるどころか

なめられてしまいます。

 

はっきりと、「そこまではできません」と

伝える人のほうが、

大切にされるのです。

 

恋愛関係でもいえるのですが、

恋人にいつまでも好きでいてほしいがために

100%、あるいは120%で尽くしてしまう人が時々いますが

愛されたければ、「そこまではできない」とはっきり言ったほうが

私が見た感じ、むしろ愛されます。

 

 

もし相手の要求と自分のできる範囲に

役割期待のずれがあれば

関係を見直してみるのもひとつだと思います。

 

力関係にかたよりがある恋愛は、

先々上手く行かないことも多くあります。

 

そして、謙虚であることは大切ですが、

へりくだるのはよくありません。

謙虚であることは、控えめで素直になることですが、

へりくだるのは、自分を低く評価して

他人より、劣っている人間と言ってしまうことです。

 

自分で自分のことを、私なんて価値がないと思っている人は、他人からも価値が

ないと思われてしまいます。

 

ほめられたら、「ありがとうございます。皆さんのおかげです」などど

自分がほめられたことを素直に認める人のほうが、人から大切にされるようです。

 

決して、「私なんて。。。」などと口にしないようにしてください。

 

人は皆それぞれ価値のある存在です。

自分を大切にしてくださいね。

 

スポンサーリンク