もなか@心理研究室

心理以外にも、色々書いています。しばらく、週1回くらいの更新です。よろしくお願いします。

小麦のおそろしさ

 

先日、ブロ友のマリベルさんの記事を読んで、

「小麦」のことを考えました。

mabelle.life

 

私の弟も、以前から小麦抜きをしていて、

肌がきれいになったこと、

体が締まったと聞いていたので、

図書館で本を借りて、

読んでみたたら、

「小麦」の恐ろしさを

あらためて、

知ることになりました。



日々の不快な症状の原因が

「小麦」にあると知ったら、

驚きませんか?



「小麦」といったら、

パン、

うどん、

パスタ、

そば、

お菓子、

スナック類、

ケーキ、

カレー、

シチュー

などなど、

数えたら切りがないほど、

小麦がつかわれています。

 

「小麦」の中に含まれている、

グルテン」が体によくないのですが、

この「グルテン」を構成するタンパク質のひとつに

「グリアジン」が含まれています。

 

この「グリアジン」は、

「小麦アレルギー」などを引き起こす物質として知られていますが、

実は相当なやっかいものなのです。

 

体のあらゆる不調は、

各部位が「炎症」することが原因で起こります。

腸が炎症すれば、下痢や便秘になります。

 

脳や神経が炎症すれば、認知症の原因となります。

体内の炎症を起こす食べ物が、「小麦」なのです。

 

そもそも人間は食べものから

必要な栄養素を吸収しなければならないので、

腸壁の細胞と細胞のあいだは、

開くようにできています。

 

この腸壁をオープンにするのが、

「ゾヌリン」と呼ばれる物質です。

 

「ゾヌリン」が分泌されると、

細胞と細胞のあいだが開いて、

食べものの栄養素の吸収がよくなるため、

本来はとても重要な働きを持つ物質です。

 

しかし、ここで「小麦」が問題を引き起こします。

小麦を毎日食べていると、「ゾヌリン」が大量に分泌され、

腸と細胞のあいだが開きっぱなしになってしまうのです。

 

すると、毒素や未消化の食べものまで入ってきてしまうのです。

これを「腸もれ」といいます。

毒素が体中を巡ってしまいます。

 

小麦に含まれる「グリアジン」は、

体のいたるところでエラーや炎症を引き起こす「やっかいもの」です。

 

この「グリアジン」が腸壁の細胞に結合して刺激し、

「ゾヌリン」を分泌し続けるのです。

 

そして、体のあらゆる部位が炎症をおこし、

免疫システムが暴走してしまいます。

 

「ゾヌリン」が血流にのって、

脳へいたることもあります。

 

すると、脳には「血液脳関門」といわれる、

脳の血管に

不必要なものを入れないための

バリアがあるのですが、

その血液関門のつなぎ目にも「ゾヌリン」が作用して、

その関門を開きやすくしてしまうのです。

そして「脳もれ」といわれる状態になります。

 

小麦は脳も炎症させ、

アルツハイマー認知症、もの忘れなどの

認知症のリスクを高めていきます。

 

皮膚に「もれ」が起これば、皮膚はつねに炎症を起こし、

アトピー性皮膚炎などになります。

 

その炎症を抑えるために、

副腎から、コルチゾールが分泌され、

やがて副腎疲労の状態になっていきます。

 

小麦によって腸内環境が乱れると、

首や肩、背中のこりや痛みが引き起こされる場合が多くなります。

 

関節炎にも小麦が影響を与えています。

 

小麦を食べ続けると、糖尿病になるリスクがどんどん高まっていきます。

 

小麦などの血糖値を上げる食べものは、

睡眠障害も引き起こすことがあります。

 

女性の場合、加齢によって更年期に入ると、

卵巣から分泌される女性ホルモン

エストロゲン」「プロゲステロン」が急激に低下していきます。

 

ただ、人間の体は、

卵巣の機能低下を代替する機能が備わっています。

それが、副腎です。

卵巣の代わりに、

副腎が「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌をになってくれます。

 

更年期に入ったら、もう副腎に頼るしかないのに、

もし、副腎が疲労していたら、

副腎が分泌する性ホルモンが少なすぎて、

更年期障害がもっとひどくなってしまうのです。

 

小麦による、がんの発症は、

まだ研究が進んでいませんが、

がんもまた、炎症ということを考えると、

やはり、がんにも深く関わっているといえます。

 

ここまで、小麦のこわさを、

書いてきましたが、

あらゆる食べ物に、

小麦が含まれているので、

急に全部やめるのは難しいと思います。

 

私はまず、朝に食べている小麦パンと、

小麦が含まれている、

スイーツ、お菓子はやめてみようと思っています。

 

まず3週間、小麦をやめてみると、

効果を感じやすいようです。

 

先日、米粉パンが焼ける

ホームベーカリーを購入しました。

 

1度、焼いてみましたが、

形はうまく焼けませんでしたが、

味はとてもおいしく、

これなら、米粉パンで

グルテンフリー」生活もできそうです。

 

欧米では、「グルテンフリー」は進んでいるようですが、

日本では、まだあまり広まっていないように思います。

 

図書館で、借りることができた本なので、

機会があったら、ぜひ読んでみてくださね。

 

スポンサーリンク