もなか@心理研究室

心理以外にも、色々書いています。しばらく、週1回くらいの更新です。よろしくお願いします。

ぷち相続

暑いですね〜。

昨日は、あまりの灼熱の太陽に、

汗が吹き出し

顔がゆでダコ状態でした。

 

相変わらず、父の家へ行き、

物の整理をしているのですが、

今度は、大昔の紙の株券が見つかりました。

 

名義は私の父方の祖母で、

中部電力の株です。

祖母は、30年以上前に亡くなっています。

父は売却せずに、

ずっと持っていたようなのです。

 

そこで、私が証券会社に問い合わせたところ、

紙の証券は、現在は扱っていないそうで、

某信託銀行を紹介していただきました。

 

その信託銀行に問い合わせたところ、

祖母の所有している株券の金額は、

おおよそ、150,000円ほどになるそうで、

売却手続きのために、

書類を送っていただきました。

 

その書類に目を通したところ、

とても面倒な手続きが必要で、

祖母の出生から、死亡までの戸籍謄本が必要だったり、

祖母の孫である私の戸籍謄本と、

父と祖母の親子関係であることがわかるものや、

実印、印鑑証明、

全部の相続人(兄弟など)の印鑑証明や署名などなど、

いろいろなものが必要になります。

 

父が元気なうちに、

お金に替えてあげたいので、

雑多な手続きなので、

父の代わりに、私が代理で手続きをすることになりました。

 

ここで思ったのですが、

株券を遺産として、

残してしまうと、

手続きがとても面倒で大変なこと。

 

できれば、生きているうちに、株券は売却するのが、

よいのではないかと思いました。

 

ほんの少しですが、私もつみたてNISAや、

株を持っているので、

適当な時期に売却したいですね。

 

現代の今でこそ、

物をもたない、

ミニマリストなるものが、

有名ですが、

父の世代は、

物に価値を置くようなところがあったようで、

観賞用のグラスや、絵画、

掛け軸などが部屋の中で見つかって、

あちこち手配して、売却しています。

 

年をとると、

片付けたくても、

体力的にも、

キツイようで、

私が父を見て思ったのが、

50代くらいから、物の整理ははじめたほうがよいと思いました。

 

とくに、不動産や、株、保険関係は面倒な手続きが多いので、

子孫に残すときは、

手続きしやすいように、

残してあげるのが、

大切なポイントだと思います。

 

多くの場合、戸籍謄本が必要になることが多く、

自分が移動した、本籍を全部、

忘れないように、記録しておくことが、

とても大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

マインドフルネス的、悩みから頭から離す方法 

 

なんだか、嫌なことがあると、

繰り返しネガティブなこと考えてしまいませんか?

繰り返しクヨクヨしていると、

能力が下がります。

それがうつ病の原因になることがわかっています。

そして、集中力の低下を招くともいわれます。

頑張って、仕事や勉強をしても、

自分の心のバックグラウンドで、

クヨクヨ悩んでいるので、

パソコンや、スマートフォンの動作が遅くなるように、

脳の力が低下してしまいます。

 

こういう場合、自分の感情を書き出したり、

瞑想をするようなこともいいですが、

もっと、簡単にできる方法があります。

 

それは、「自然の中を歩く」という方法です。

自然の風景がメンタルによい効果をおよぼします。

研究で証明されています。

 

では、どんな場所がよいかというと、

鬱蒼とした森林は理想的ですが、

人工的な公園の樹木や、

街路樹を見て歩くのも効果的です。

自然を見ながら歩くことが重要なのです。

海辺もよいです。

実際、自然を見るだけで、さまざまな病気の回復力が高くなり、

肥満やメンタルの落ち込みにも効果があることがわかっています。

 

それが、難しいならば、

机の上に観葉植物やお花を置いたりすることでもよいです。



それ以外にも、外を歩くときに、歩くことに集中します。

「かかとをついて、足をあげて」

「かかとをついて、足をあげて」と、

歩く足の動きに集中して、

一定時間、悩みから頭から離します。

 

クヨクヨ考えている意識を、

一定時間、考えないようにすることが大切です。

 

これは、悩んでいることを考えないようにし、

楽しいことを考えようということではありません。

むしろ考えないようにすると、

逆に、悩みで頭がいっぱいになってしまいます。

 

今、ここでのことに集中することが大切です。

今、この時に集中して、

一定時間、悩みから頭を離すと、

新しい方向性などを見つけて、

クヨクヨ悩みづらくなることがわかっています。

 

うつ病の治療でも、運動などをして、

一定時間考えることをやめるだけでも、

効果があるという研究があります。

 

私は読書が好きなのですが、

悩んでいるときは、

集中することができないことがあります。

 

そんなときは、自転車で、

少し離れたスーパーに買い物に行くと、

悩みが頭から離れる時間ができますね。

スマホで、地図を見ながら

知らないお店に、

自転車に乗っていくと、

より効果的です。

 

とにかく自然の中を歩いたり、感じたり、

自分が無になれたり、

夢中になれることがあると、

よいと思います。

今、この時だけを考えるのです。

 

ずっとネガティブなのはよくありません。

というのは、長期的なストレスがあると、

脳の中で記憶を司っているといわれる、

海馬が萎縮することがわかっています。

 

これもマインドフルネスのひとつです。

これは、私の経験も含んで書いています。

悩みの対処にも、個人差があると思います。

参考になれば、うれしいです。(^_-)-☆

自分のやりやすいように、

アレンジしてみるのもいいと思います。

 

他にも、呼吸法や、瞑想法、

人間関係のストレスを低減するメンタルテクニックなど、

また機会があったら紹介したいと思います。

 

 

monaka-shinnrikennkyuushitu.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

電車内での、ばっちくて、こわい出来事

先日、父の家に行った帰りのこと。

あちこち歩きまわって、

疲れ果てて、

電車に乗った。

 

車両に乗り込むと、

優先席しかあいていなかった。

 

ざっとあたりを見渡したが、

高齢者らしき人は、見あたらなかったので、

もし、優先者がいれば、

席を譲るつもりで、

とりあえず、優先席に腰をおろした。

その日は、立っていられないほど、

へとへとだったのだ。

 

すると、白髪まじりのボブヘアの

初老?の女性が電車に乗り込んできて、

私の隣に座った。

 

まもなく電車は発車する。

ドアが閉まって、

電車は動きはじめた。

 

電車が動きだすと、

隣の初老の女性が、

マスクをつまみ、

何度もパカパカしている。

 

それまでは、よかったが、

今度はパカパカしたあと、

マスクを顎にずらして、

豪快に鼻くそをほじり始めたのだ。

 

そのほじった指を、

おそらく、鼻くそがついているであろう指を、

なんと、自分の手の甲になすりつけているのだ。

 

隣に座っている私の目の端に、

嫌でも入ってきてしまう。

 

鼻くそをほじって、

しつこく手の甲になすりつけ、

いっったん落ち着く。

 

しかし、10秒としないうちに、

また、マスクをつまみ、

パカパカさせて、

マスクを顎にずらし、

鼻くそをほじり出す。

 

今度は、手の甲だけではなく、

自分の胸元のTシャツにもなすりすける。

ひととおり、なすりつけると、

いったん落ち着くが、

また10秒ともたずに、

同じ行動を繰り返す。

 

隣に座っている私と、

その女性の距離は、5センチもない。

いつか私に触れてしまうのではないか、

なすりつけるのではないかと思い、

私は、緊張して、背筋を伸ばして、

完全に体が固まって、

下をむいていた。

 

席を外して、

別のところに行けばいいのだが、

立った時に、

女性の意識がこちらに向かい、

刺激してしまうのではないかと思ったのだ。

ふっと触れられるのが

怖かったのだ。

 

結局、私は自分が降りる駅まで、

固まったまま、じっとしていた。

 

無事、ホームに降り立ったときに、

ほっとした。

緊張のためか、

どっと疲れが押し寄せた。

 

電車の中で、

変な人に遭遇したことが

ありませんか?

 

変だと思ったら、

その場を立ち去れば、いいと思うのですが、

混雑していたり、

動くことによって、

刺激してしまうのではないかと思い

動けなくなってしまうことがあります。

 

妙に、目線をこちらに向けてきたり、

直感的に変だと思った場合は、

タイミングを見て、

席を移動したり、

ほかの車両に乗り換えるのですが。

今回の「鼻くそおばさん」のような場合は、

動けなくなってしまいます。

 

優先席に座ってしまった、

バチがあたったのでしょうか。😂😂😂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク